Othello! JAPAN Blog
2017年09月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
前月 次月

プロフィール
氏名: 中島 哲也
年齢: 40代のおじさん
自己紹介 (オセロ関係):

八段
Othello! JAPAN 管理人
日本オセロ連盟東京都本部長
1999年世界選手権準優勝
2006年名人
2006年全日本チャンピオン
2007年王座

最新記事

カテゴリ
オセロ全般 (43)
オセロ教室(小学生) (2)
品川ニューイヤーズカップ2014 (10)
オセロ大会 (24)
オンラインオセロ教室 (2)
Othello World Cup 2014 (10)
数字で見るオセロ。 (5)
世界選手権 (2)
ミラクルファイブ (14)
雑談 (19)



金浦(Gimpo)はキンポなのかギンポなのか
8月26日(土)に、韓国の仁川空港そば、Hyatt Hotel にて仁川オープンが開催されました。
この大会の様子はそのうち Othello! JAPAN TV でも扱おうと思ってます。

さて、今日は大会についてではなくて、ちょっと韓国語について書こうかと思います。

日本からソウルに行く場合、よく使うのが金浦(きんぽ)空港になります。
で、この金浦、横文字で書くと
gimpo
なんですね。
なので「え? きんぽだと思ってたけど、実はぎんぽなのね!」と思ってしまいがちなのですが・・・

この金浦、ハングルで書くと

であり、これは紛れもなく「キンポ」と読みます。

じゃぁなんで横文字で書く際に gimpo なんて書くのかと言うと、

これがちょいと曲者なんですよ。
単語の先頭に来た場合には k の音になるのですが、母音で挟まれたりすると g の音になる。つまりこの記号は、k だったり g だったりするわけ。
で、英語にする場合、音を優先してこの記号に k を当てたり g を当てたりする流儀もあるようなんですが、どうやら文字優先で対応させる方が多いようです。

とゆーことでこの記号は、英語にする時には g を当てるということになっているようです。

とゆーことで、韓国語を英語表記した際、g と書かれていてもそれは k の音として発音するのが正しいという場合があるので注意が必要です。

ちなみに、韓国でバスに乗る際、江辺(かんびょん)駅行きのバスか確認しようとして、Google Map に Gangbyeon と書いてあったので「ガンビョン?」と聞いたら通じず。「カンビョン?」と言い直したら通じました。
そんなわけで、英語で g と書いてあるからと言って英語的な g の発音をすると通じないようなんで、やっぱり注意が必要です。

仁川オープン主催者の名前


仁川オープン、相当お金をかけた相当豪華な大会でした。

で、この大会を主催しているのは、李春愛さんという一プレイヤーです。
彼女は最近やたらと品川の大会にも出てくれてるので、名前を見たことがあるという人も多いんじゃないかと思います。

さて、彼女の苗字の「李」なんですが、日本語的に漢字読みをしたら「り」になりますよね。

韓国では、李さんは名前を英語で書く場合には、
Lee
と書きます。なので「りー」と読みたくなります。
で、この名前、韓国語では、

と書きます。
この文字、左側の丸は子音が無いことを表し、右側の一本棒は「イ」の音を表します。
つまりこれ、「イ」と読みます。

3種類の読み方が出てきてしまいましたが・・・
少なくとも韓国人は李さんのことを「イ」と呼びますので、私は「イさん」と呼んでいます。

本人に聞いたところ、イでもリでもリーでもなんでもいいって言ってました。